コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長白山脈 チャンベクサンミャク

デジタル大辞泉の解説

チャンベク‐さんみゃく【長白山脈】

朝鮮民主主義人民共和国と中国との国境を走る山脈。最高峰は長白山白頭山)。ちょうはくさんみゃく。

ちょうはく‐さんみゃく〔チヤウハク‐〕【長白山脈】

チャンベクさんみゃく

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうはくさんみゃく【長白山脈】

朝鮮民主主義人民共和国と中国との国境地帯にある山脈。最高峰は長白山チヤンベクサン(白頭山ペクトウサン。海抜2744メートル)。朝鮮語名チャンベク山脈。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長白山脈
ちょうはくさんみゃく

チャンパイ(長白)山脈」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の長白山脈の言及

【長白山】より

…北東~南西に走る平行山脈からなり,古い褶曲山脈が火山活動と河川の浸食をうけて形成されたものである。国境を走り,主峰白頭山(2744m)をいただく狭義の長白山脈のほか,完達山,穆棱窩集嶺,老爺嶺,張広才嶺,吉林哈達嶺,老嶺などを含み,紅松など森林が繁茂し,毛皮獣に富み,多様な鉱物資源を豊富に埋蔵する。【河野 通博】 朝鮮側では白頭山から南南東に走る山脈を摩天嶺山脈といい,これと長白山脈をのせる台地は,東西240km,南北400kmに達する広さをもち,朝鮮の屋根とされている。…

※「長白山脈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

長白山脈の関連キーワード朝鮮民主主義人民共和国リヤオニン(遼寧)省トゥマン(豆満)江ペクトゥ(白頭)山ソンホワ(松花)江ムータン(牡丹)江ウスリー[川]吉林[省]遼東半島千山山脈豆満江松花江ベク満州延辺楊朔

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android