コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長者の山

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長者の山
ちょうじゃのやま

秋田県の民謡。仙北(せんぼく)市田沢湖地区周辺の祝い唄(うた)。この唄のもとは、岩手県との県境に近い国見温泉に農閑期のほね休めにくる老婆たちが、即興の文句を入れて互いに歌い合った掛け唄であり、またの名を「婆々(ばば)踊り」ともいった。また、田沢湖近くに住んでいた長者が金鉱を掘りあてた際、自分たちもあやかりたいと村人たちが歌い始めたという伝説がある。しかし、祝い唄らしい文句は、「栄(さか)る栄ると長者の山栄る」という初めの一節ぐらいで、全体的に祝い唄らしい雰囲気はない。全体的には草刈り唄に似た文句であるので、初めは草刈り唄であったものが、湯治場の客の唄に変化したとも考えられる。ほかに、仙北市角館(かくのだて)町の神明(しんめい)社の旧暦8月の祭りの「桟敷(さじき)踊り」の唄として歌われたのがこの『長者の山』だという説もある。[斎藤 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

長者の山の関連キーワード秋田県仙北市飾山囃子さんさ踊祝い唄斎藤

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android