仙北(読み)せんぼく

日本大百科全書(ニッポニカ)「仙北」の解説

仙北
せんぼく

秋田県中東部、仙北郡にあった旧町名(仙北町(まち))。現在は大仙(だいせん)市の南東部を占める地域。1955年(昭和30)高梨(たかなし)、横堀の2村が合併して仙北村となり、1974年町制施行。2005年(平成17)大曲市(おおまがりし)、神岡、西仙北、中仙、協和、太田(おおた)の5町および南外村(なんがいむら)と合併して大仙市となった。横手盆地のほぼ中央部にあり、地域の74%が耕地である。地域東部の真(しん)山、長森の台地は平安初期に払田柵(ほったのさく)(国史跡)が築かれた所。東北地方最大の官衙(かんが)遺跡で、1981年秋田県埋蔵文化財センターが建設され、払田柵をはじめ県内の出土品が収納されている。耕地整理は第二次世界大戦前に、旧仙北郡内でもっとも早く終了した。1965年に全国に先駆けて高梨農協にカントリーエレベーターが導入された。2004年に旧池田氏庭園が国の名勝に指定された。

[宮崎禮次郎]

『三森英逸著『仙北の歴史』(1978・仙北町)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「仙北」の解説

せんぼく【仙北】

秋田県の中東部の郡。かつては大仙市域を含み、横手盆地の北半部を広く占めた。近世初頭までは山本郡といい、北浦とも呼ばれた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「仙北」の解説

仙北
せんぼく

秋田県中南部,大仙市南東部の旧町域。横手盆地のほぼ中央にある。 1955年横堀村と高梨村が合体して仙北村となり,1974年町制。 2005年大曲市,神岡町,西仙北町,中仙町,協和町,南外村,太田町と合体して大仙市となった。全体が平地で,典型的な水田単作地帯にある。第2次世界大戦前は近接地域と同じように農業従事者のほとんどが小作契約者で小規模耕作を行なっていた。現在は1農家あたりの耕地面積は 1.5ha。酒造も行なわれる。美郷町にまたがる国の史跡払田柵跡がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android