コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙北 せんぼく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仙北
せんぼく

秋田県中南部,大仙市南東部の旧町域。横手盆地のほぼ中央にある。 1955年横堀村と高梨村が合体して仙北村となり,1974年町制。 2005年大曲市,神岡町,西仙北町,中仙町,協和町,南外村,太田町と合体して大仙市となった。全体が平地で,典型的な水田単作地帯にある。第2次世界大戦前は近接地域と同じように農業従事者のほとんどが小作契約者で小規模耕作を行なっていた。現在は1農家あたりの耕地面積は 1.5ha。酒造も行なわれる。美郷町にまたがる国の史跡払田柵跡がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

せんぼく【仙北】

秋田県中東部の市。ほぼ中央に田沢湖があり、角館地区は武家屋敷が残る旧城下町。玉川温泉の北投石ほくとうせきは、国の特別天然記念物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕仙北(せんぼく)


秋田県中部の地域名。
横手盆地北部と周辺の山地を含む。かつては雄勝(おがち)、平鹿(ひらか)、仙北の3郡をさしたが、のち旧・仙北郡(現在の大仙市、仙北市、仙北郡美郷町にあたる)の範囲をいうようになった。仙北米の産地として知られる穀倉地帯

〔秋田県〕仙北(せんぼく)


秋田県中部の地方名・郡名。古くは「せんぽく」とも。平安前期から使われた汎称(はんしょう)で、出羽(でわ)のうち雄勝(おがち)峠以北の雄勝・平鹿(ひらか)・山本(やまもと)の3郡、すなわち横手(よこて)盆地のほぼ全域をさした。近世前期に久保田(くぼた)藩が古来の山本郡を仙北郡と改称して以降、盆地北部の仙北郡に限定して使われることも多い。仙北米の産地として知られる穀倉地帯。2005年(平成17)に仙北郡北東部の角館(かくのだて)町・田沢湖(たざわこ)町・西木(にしき)村が合併し仙北市となった。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仙北
せんぼく

秋田県中東部、仙北郡にあった旧町名(仙北町(まち))。現在は大仙(だいせん)市の南東部を占める地域。1955年(昭和30)高梨(たかなし)、横堀の2村が合併して仙北村となり、1974年町制施行。2005年(平成17)大曲(おおまがり)市、神岡、西仙北、中仙、協和、太田(おおた)の5町および南外(なんがい)村と合併して大仙市となった。横手盆地のほぼ中央部にあり、地域の74%が耕地である。地域東部の真(しん)山、長森の台地は平安初期に払田柵(ほったのさく)(国史跡)が築かれた所。東北地方最大の官衙(かんが)遺跡で、1981年秋田県埋蔵文化財センターが建設され、払田柵をはじめ県内の出土品が収納されている。耕地整理は第二次世界大戦前に、旧仙北郡内でもっとも早く終了した。1965年に全国に先駆けて高梨農協にカントリーエレベーターが導入された。2004年に旧池田氏庭園が国の名勝に指定された。[宮崎禮次郎]
『三森英逸著『仙北の歴史』(1978・仙北町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

仙北の関連キーワード秋田県仙北市角館町小勝田下川原秋田県仙北市角館町小勝田小倉前秋田県仙北市角館町小勝田大鷲沢秋田県仙北市角館町小勝田大川原秋田県仙北市角館町小勝田滝ノ沢秋田県仙北市角館町小勝田段ノ平秋田県仙北市角館町小勝田松ケ崎秋田県仙北市角館町小勝田真木沢秋田県仙北市角館町小勝田西ノ沢秋田県仙北市角館町小勝田中川原秋田県仙北市角館町小勝田鵜ノ崎秋田県仙北市角館町小勝田坂ノ下秋田県仙北市角館町小勝田下村秋田県仙北市角館町小勝田堰根秋田県仙北市角館町小勝田北沢秋田県仙北市角館町小勝田貝吹秋田県仙北市角館町小勝田後田秋田県仙北市角館町小勝田中村秋田県仙北市角館町小勝田沼田秋田県仙北市角館町小勝田柳田

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仙北の関連情報