コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川双魚 はせがわ そうぎょ

1件 の用語解説(長谷川双魚の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川双魚 はせがわ-そうぎょ

1897-1987 昭和時代の俳人。
明治30年11月19日生まれ。昭和17年弟の長谷川朝風(ちょうふう)のすすめで俳句をはじめる。「雲母」同人をへて,46年木下青嶂の死去で「青樹(せいじゅ)」の主宰を継承。岐阜薬大教授などをつとめた。昭和62年11月8日死去。89歳。岐阜県出身。本名は謙三。句集に「風形(ふうぎょう)」「ひとつとや」など。
【格言など】かはたれの白き闇にて笹子鳴く(辞世)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長谷川双魚の関連キーワードフィリピン革命竹下登内閣日本目録規則福知山線杵屋六四郎予讃線横山めぐみMAGUMIマンガ日本経済入門朝鮮映画

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone