長谷川善和(読み)はせがわ よしかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「長谷川善和」の解説

長谷川善和 はせがわ-よしかず

1930- 昭和後期-平成時代の古生物学者。
昭和5年3月12日生まれ。国立科学博物館地学研究部主任研究官をへて,昭和53年横浜国大教授となる。退官後,群馬県立自然史博物館館長。各地で発見された恐竜化石を調査し,59年には熊本の化石を日本で最初の肉食恐竜の化石と鑑定した。長野県出身。横浜国大卒。著作に「日本の恐竜」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android