コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長野氏 ながのうじ

世界大百科事典 第2版の解説

ながのうじ【長野氏】

南北朝・戦国期の伊勢国の国人。室町幕府奉公衆。本拠安芸(あげ)郡美里村には長野城址がある。工藤祐経を祖とすると伝えるが不詳。伊勢下向の時期・人物も不詳であるが,1336年(延元1∥建武3)には伊勢国の住人長野工藤三郎左衛門尉の名が《梅松論》に見える。《太平記》に長野ヶ蠅払一揆とあり,80年(天授6∥康暦2)には南朝方として土岐氏と戦っている。1428年(正長1)の北畠満雅挙兵には幕府軍として戦い,北畠氏旧領壱志郡,関氏跡を与えられたが,44年(文安1)関氏跡をめぐって関氏と対立,以降1世紀余,北畠・関氏と対立抗争を繰り返した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の長野氏の言及

【美里[村]】より

…古くは五百野御厨(いおのみくりや),長野御厨など,伊勢神宮の御厨が置かれていた。中世,布引山地の山並みに城を構えた長野氏は一帯に勢力を扶植し,室町幕府奉公衆にもなっている。笠取山と経ヶ峰の鞍部にある長野峠は,伊勢と伊賀や大和とを結ぶ要衝で,近世には伊勢の津と伊賀の上野を結ぶ伊賀街道が津藩領の幹線道路であった。…

※「長野氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

長野氏の関連キーワード三重県津市美里町桂畑美里(三重県)上泉伊勢守美里[村]箕郷[町]長野氏城跡長野無楽斎三重(県)三重県津市武田信玄土岐持頼長野業政真田幸隆倉賀野城上州一揆六角義賢斎藤妙椿六角定頼北畠顕雅緒方惟義

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長野氏の関連情報