コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅松論 ばいしょうろん

6件 の用語解説(梅松論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梅松論
ばいしょうろん

南北朝時代のかな書き史論書。2巻。作者は北朝方の武士か僧侶だが未詳。天平4=貞和5 (1349) 年頃成る。承久1 (1219) 年北条氏が藤原頼経を将軍に迎えて執権政治を行う時点から筆を起し,承久の乱の顛末,大覚寺持明院両統の迭立,後醍醐天皇の挙兵,鎌倉幕府の滅亡までを上巻とし,足利尊氏建武新政府に叛した延元1=建武3 (1336) 年正月から翌年の新田義貞の金崎城没落までを下巻に収録。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ばいしょうろん【梅松論】

南北朝時代の史書。2巻。著者未詳。正平4=貞和5年(1349)ごろの成立。北条氏の執権時代から南北朝の動乱を経て足利氏が天下を制するまでを、足利側の立場から述べる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

梅松論【ばいしょうろん】

軍記物語。1350年ごろの成立。著者不詳だが足利尊氏の側近と推定する説などがある。鎌倉時代から南北朝期にわたり,尊氏の活躍を中心に記す。後醍醐天皇の立場から記された《太平記》に対し,尊氏の側から比較的正確に史実を伝える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ばいしょうろん【梅松論】

足利政権成立の過程を記した軍記物語。2巻。1352年(正平7∥文和1)をさほど下らないころの成立と推定される。京都北野天満宮に参籠した人々が老僧から物語を聞くという,《大鏡》に始まる〈鏡もの〉の形式をとる。書名は北野天神ゆかりの飛梅老松に由来することが,巻末に記される。作者未詳だが,足利氏旗下の諸将(細川氏,少弐氏など)と関係ある者,あるいは夢窓疎石ゆかりの者などが想定されている。内容は持明院・大覚寺両統の分裂・対立までを前史として略述したのち,主題である建武政権の成立と崩壊,足利政権樹立の過程を,足利政権を正当化する意図のもとに叙述する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ばいしょうろん【梅松論】

歴史物語。二巻。作者未詳。1349年頃成立。「大鏡」などの鏡物の形式をとり、鎌倉幕府滅亡から南北朝の動乱を経て足利尊氏が政権を獲得するまでの歴史を記す。記事は史実に比較的忠実であり、北朝側の立場から描かれている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梅松論
ばいしょうろん

南北朝時代の歴史書。2巻。著者は足利(あしかが)氏にかかわりの深い武将、あるいは室町幕府関係者とされ、成立は1352年(正平7・文和1)以後、1387~88年(元中4~5・嘉慶1~2)以前と推定されている。本書は、南北朝の動乱の起こりから足利尊氏(たかうじ)・直義(ただよし)兄弟が幕府を樹立するまでの経過を述べながら、初期室町政権の正当性や諸将の勲功を事実に基づいて顕揚しようとしたものであり、南朝側の視点にたつ『太平記(たいへいき)』とは対照的な見方をしている。本書の政道論には、〔1〕有徳者為君主義=撫民(ぶみん)仁政主義と、〔2〕神孫為君主義=血統主義が二つながら認められるが、究極的には〔2〕は天の思想に依拠する〔1〕に掣肘(せいちゅう)されるものであった。したがって本書は、歴史的世界に生起した諸現象、とりわけ政権を担当した為政者に対して、まず〔1〕によって、ついでその埒内(らちない)で〔2〕を踏まえて評価を下したのである。この段階で、超越的神意ないし理法が歴史の行方をあらかじめ決定しているとみる『愚管抄(ぐかんしょう)』『神皇正統記(じんのうしょうとうき)』的な歴史観は、ほぼ克服されたといえよう。[石毛 忠]
『矢代和夫・加美宏校注『新撰日本古典文庫3 梅松論』(1975・現代思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梅松論の関連キーワード朝倉始末記軍記物語ペルー革命明徳記軍記軍記物軍談四部合戦状戦記物語足利治乱記

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

梅松論の関連情報