開かれた社会とその敵(読み)ひらかれたしゃかいとそのてき(英語表記)The Open Society and Its Enemies

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「開かれた社会とその敵」の解説

開かれた社会とその敵
ひらかれたしゃかいとそのてき
The Open Society and Its Enemies

批判的合理主義の代表的思想家である C.R.ポッパーが,ファシズムマルクス主義という2つの全体主義の思想史的源泉を探究した政治哲学書。 1945年刊。ポッパーは呪術的でタブーに満ちた「閉じた社会」と,批判的な態度をもち知性による非暴力的改善を目指す「開かれた社会」とを区別し,前者から後者への移行を押しとどめ閉じた社会にとどまろうとする哲学的伝統こそが全体主義をもたらすと批判した。具体的にはプラトンヘーゲルマルクスがこうした伝統に属する哲学者として厳しく分析されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android