コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開堂 カイドウ

デジタル大辞泉の解説

かい‐どう〔‐ダウ〕【開堂】

禅宗で、新たに住職となったが、法堂(はっとう)を開き、最初の説法を行う儀式

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいどう【開堂】

禅宗で新しい住職が着任した時、最初に説法を行う儀式。開堂祝寿。開堂祝聖。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

開堂の関連キーワードニコライ堂渋谷(区)円覚寺境内春屋宗園寰海宗唆了翁道覚永平広録東明慧日竜統元棟為霖道霈象河法演万輝宗旭護峰宗行伝外宗左小田雪窓浄因寺大徳寺円覚寺永平寺誓願寺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開堂の関連情報