コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開教使 かいきょうし

世界大百科事典 第2版の解説

かいきょうし【開教使】

仏教宣布のため外国への布教をはかるべく教団が海外に派遣した僧侶。海外枢要地に別院,支院,布教所,教社などを設置した。日本の仏教教団,なかでも真宗本願寺派と大谷派は,日本人の海外移住にあわせ,シベリア,満州,ハワイ,北米西海岸へ明治20年代ころより布教のため僧侶を派遣した。海外伝道体制は,日清・日露戦争による日本人の海外進出により,組織的に整備された。大谷派では,1906年8月に海外開教条規で,海外布教に従事する者を開教使,布教監督,布教員と,はじめて宗法上に位置づけた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

開教使の関連キーワード薗田 宗恵太田覚眠今村恵猛中井玄道

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開教使の関連情報