コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開教使 かいきょうし

1件 の用語解説(開教使の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かいきょうし【開教使】

仏教宣布のため外国への布教をはかるべく教団が海外に派遣した僧侶。海外枢要地に別院,支院,布教所,教社などを設置した。日本の仏教教団,なかでも真宗本願寺派と大谷派は,日本人の海外移住にあわせ,シベリア,満州,ハワイ,北米西海岸へ明治20年代ころより布教のため僧侶を派遣した。海外伝道体制は,日清・日露戦争による日本人の海外進出により,組織的に整備された。大谷派では,1906年8月に海外開教条規で,海外布教に従事する者を開教使,布教監督,布教員と,はじめて宗法上に位置づけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

開教使の関連情報