開浴(読み)かいよく

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 浴室を開いて入浴することをいう禅宗の用語。夏は毎日一回、冬は五日に一回とする清規(しんぎ)の規律がある。
※蔗軒日録‐文明一八年(1486)四月二九日「晩入超・恵二人之軒小詐、開浴之次、以湯洗灸瘡云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の開浴の言及

【雲水】より

…粥坐(しゆくざ)(朝食),斎坐(昼食),薬石(やくせき)(夕食)と称する食事は,行鉢(ぎようはつ)と称する禅門の食事作法で行う。入浴(開浴(かいよく))は,四九日(しくにち)(4と9の日)に行う。雲水の行為はすべて修行である。…

※「開浴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android