コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間人大蓋 はしひとの おおふた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

間人大蓋 はしひとの-おおふた

?-? 飛鳥(あすか)時代の武人。
天智(てんじ)天皇2年(663)3月に派遣された百済(くだら)救援軍の6将軍のひとり。阿倍比羅夫(あべの-ひらふ)らと2万7000の兵をひきいて新羅(しらぎ)に遠征。天武(てんむ)天皇4年(675)大和の広瀬(奈良県河合(かわい)町広瀬神社)に大忌(おおいみの)神をまつった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

間人大蓋の関連キーワード上毛野稚子あすか武人

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android