コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間取りと畳の大きさ まどりとたたみのおおきさ

不動産用語辞典の解説

間取りと畳の大きさ

間取り」は、本来、住戸における部屋の配置をいいますが、不動産における表示では、部屋の数を表しています。
不動産の表示に関する公正競争規約により、宅建業者が建物分譲などの広告をする際には、建物の各部屋ごとの畳数を明らかにし、その部屋数を表示することが義務付けられています。

出典 不動産売買サイト【住友不動産販売】不動産用語辞典について 情報

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android