コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間島五・三〇蜂起 かんとうごさんじゅうほうき

1件 の用語解説(間島五・三〇蜂起の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんとうごさんじゅうほうき【間島五・三〇蜂起】

日本の侵略主義と中国官憲の板ばさみにあった間島在住の朝鮮人共産主義者が1930年5月30日を期して組織した抗日蜂起。当時コミンテルンの一国一党方針に従って朝鮮共産党満州総局を解体し中国共産党に加入したばかりだった彼らは,国際主義を証すべく李立三路線下の満州省委員会の指示を忠実に実行に移し,竜井,頭道溝など天図線(天津‐図們)沿線を中心に領事館,日本の官公庁,電灯会社,駅,線路橋梁等を放火破壊し,以後1年余にわたり農村部での大衆的蜂起を現出させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

間島五・三〇蜂起の関連キーワード紙鋏木鋏侵略主義草紙挟み裁ち鋏超国家主義握り鋏洋鋏和鋏洋裁鋏

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone