コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李立三 りりっさん Li Li-san

6件 の用語解説(李立三の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李立三
りりっさん
Li Li-san

[生]光緒25(1899).湖南,醴陵
[没]1967.6.22.
中国共産党一時期の指導者。 1919年勤工倹学生の一人としてフランスに渡り,趙世炎らと労働学会を組織。 21年帰国後共産党に加入。 25年の五・三〇事件の際は上海総工会委員長として活動した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

り‐りっさん【李立三】

[1899~1967]中国の政治家。湖南省醴陵(れいりょう)県の人。五・三十事件のとき、上海総工会委員長。1928~1930年、中国共産党の指導者として極左路線を実行。批判を受けて失脚しモスクワに赴く。人民共和国成立後、労働部長・党中央委員などを歴任。リー=リーサン。

リー‐リーサン【李立三】

りりっさん(李立三)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

李立三【りりつさん】

中国共産党初期の指導者。湖南省の人。1919年フランス留学,帰国後1921年入党。1925年の五・三〇運動などを指導し1927年党中央委員。南昌蜂起後,1928年宣伝部長となり実権を把握。
→関連項目陳紹禹

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りりつさん【李立三 Lǐ Lì sān】

1899‐1967
中国の革命家。湖南省人。1919年フランスに留学,周恩来らと共産主義青年同盟を組織,21年帰国後入党,主に労働運動の指導を担当した。1930年中国共産党政治局委員として実質上党最高指導者となったが,〈李立三コース〉と称される極左主義の誤りを批判され,31‐46年までモスクワに滞在した。この間〈唯真〉の筆名でマルクス=レーニン主義文献を多数翻訳した。帰国後中央人民政府の労働部部長,政治局委員などの要職についたが,文化大革命初期に失意のうちに死去した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

李立三
りりっさん / リーリーサン
(1899―1967)

中国の政治家、労働運動指導者。湖南省出身。1920年、留法勤工倹学会の一員としてフランスに留学、周恩来らと中国共産党パリ支部を結成、1922年帰国。1925年の五・三○事件では上海(シャンハイ)総工会の委員長として運動を指導した。そのあと中華全国総工会代表としてモスクワのプロフィンテルン大会に出席し、翌1926年帰国。1927年、中共第5回大会で中央委員、ついで南昌蜂起(なんしょうほうき)に参加、翌1928年から上海で活動、中共の中心的指導者として、都市の武装蜂起を重視する極左路線を実行し、大きな犠牲を出すに至った。このいわゆる李立三路線はコミンテルンや王明らの批判を受け、モスクワに呼ばれて1946年まで学習、その間、唯真という筆名で多くのマルクス主義文献を翻訳、1945年の中共第7回大会では中央委員に選出された。中国に戻って1948年中華全国総工会副主席となり、中華人民共和国成立とともに政務院労働部長に就任した。しかし、労働組合指導で誤りを犯したとして、1954年辞職し、1956年の中共第8回大会では「主観主義、派閥主義の誤りを犯した」と自己批判した。この大会で中央委員には再選され、1959年党中央工業工作部副部長についたが、文化大革命の初期にまた批判を受け、失意のうちに死去した。[安藤彦太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の李立三の言及

【中国共産党】より

… 30年,農村革命根拠地は11ヵ所,労農紅軍は10万を数え,白色区(国民党支配地域)の組織も回復,発展した。世界恐慌と軍閥抗争による国民政府の動揺を,革命情勢の到来と過大評価した中共は,李立三の主導下に党と紅軍の総力を動員して,7月から9月にかけ大都市占拠をめざした無謀な武装蜂起と作戦を強行して失敗した(第2次極左路線)。中共がこれを李立三の戦術的誤謬として処置したのに対し,コミンテルンは右翼的路線の誤りだとして中共指導部の改組に乗り出した。…

※「李立三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

李立三の関連キーワード黄興蔡暢朱徳陳天華一八四八年の革命ブランキスム林伯渠禹之謨譚延闓《上ラインの革命家の書》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone