間欠運動(読み)かんけつうんどう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

運動が時間とともに持続するのでなく、ある時間経過すると停止し、停止したのち、ふたたび運動が開始することを繰り返す運動をいう。映写機や撮影機でフィルムを送るのには間欠運動をする必要がある。フィルムはレンズの位置でいったん停止し、シャッターが開いて撮影が行われると、1こま送られる。次の1こまがレンズの位置にくると、またフィルムは停止する。このようにフィルムを送るのには十字車が使われる。一定回転しているピン車のピンが、十字車の溝に入り込んだときだけ十字車は回転する。また、カムや歯車でも間欠運動をさせることができる。間欠運動は、自動機械などに多く利用されている。[中山秀太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android