コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間脳下垂体症候群 かんのうかすいたいしょうこうぐんdiencephalic-hypophysial syndrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

間脳下垂体症候群
かんのうかすいたいしょうこうぐん
diencephalic-hypophysial syndrome

間脳と下垂体の間には,解剖学上からも,機能上からも,きわめて密接な関係があり,従来,下垂体の障害によって起ると考えられていた尿崩症脂肪性器性異栄養症シモンズ病などが,間脳 (視床下部) の障害のみによっても起ることが明らかになってきたので,これらを間脳下垂体症候群としてとらえるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android