コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脂肪性器性異栄養症 しぼうせいきせいいえいようしょうadiposogenital dystrophia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脂肪性器性異栄養症
しぼうせいきせいいえいようしょう
adiposogenital dystrophia

フレーリヒ症候群,肥胖性性器発育不全症ともいう。オーストリアの神経科医 A.フレーリヒが 1901年に報告した疾患で,視床下部の腫瘍,炎症,外傷,奇形などの器質的病変によって,躯幹の脂肪沈着に加えて,性腺の発育不全と第2次性徴の欠如が認められる。これは視床下部から分泌されるホルモン (LHRH) の分泌障害によって,下垂体前葉から出る性腺刺激ホルモンの分泌が障害される結果と考えられ,さらに,精神障害,視力障害,尿崩症,骨格発育障害などを伴うことがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

脂肪性器性異栄養症の関連キーワード間脳下垂体症候群フレーリヒ症候群

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android