コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間部氏 まなべうじ

1件 の用語解説(間部氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

まなべうじ【間部氏】

近世大名。甲府徳川家の家臣であったが,詮房(あきふさ)のとき綱豊(将軍家宣)の側近として幕臣となる。以後数度の加増をうけ,1706年(宝永3)1万石の大名となり,若年寄格。さらに側用人に進められる一方,3度加増され上州高崎5万石を領有。しかし詮房罷免により17年(享保2)越後村上へ転封。ついで20年,遺領を継いだ弟詮言(あきとき)は越前鯖江(さばえ)に移される。また幕末の老中詮勝(あきかつ)は在任中の失政を理由に,1862年(文久2)4万石に減封された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

間部氏の関連キーワード村山素行陪臣政常直江状満徳寺十五代(徳川十五代)鵜殿長照勝子関根弥二郎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone