コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関の清水 セキノシミズ

デジタル大辞泉の解説

せき‐の‐しみず〔‐しみづ〕【関の清水】

滋賀県大津市、逢坂(おうさか)の関跡付近にあった清水。関水。[歌枕
「手もたゆく扇の風もぬるければ―にみなれてぞゆく」〈曽丹集

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せきのしみず【関の清水】

滋賀県大津市逢坂の関跡付近にあった清水。⦅歌枕⦆ 「逢坂の-にかげ見えて今やひくらむ望月の駒/拾遺

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

関の清水の関連キーワード滋賀県大津市逢坂弛し・懈し望月の駒

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android