コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逢坂の関 オウサカノセキ

デジタル大辞泉の解説

おうさか‐の‐せき〔あふさか‐〕【逢坂の関】

逢坂山にあった関所。三関の一。東海道東山道の京都への入り口にあたる要所。蝉丸(せみまる)が住んだという蝉丸神社(関明神)がある。[歌枕
「これやこの行くも帰るも別れつつ知るも知らぬも―」〈後撰・雑一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうさかのせき【逢坂の関】

逢坂山にあった関所。646年頃設置。東海道と東山道の合する要地で、平安京防備の三関の一。795年廃止。東関。⦅歌枕⦆ 「 -しまさしき物ならばあかず別るる君をとどめよ/古今 離別

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

逢坂の関の関連キーワード指し口・差し口・指口・差口行くも帰るもの関小倉百人一首西野 清美旧り果つ鶏の空音百人一首関の清水立ち来源博雅関送り関迎へ関風逢坂世に蟬丸東関空音関山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android