コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関水 セキミズ

デジタル大辞泉の解説

せき‐みず〔‐みづ〕【関水】

関所のほとりの川やわき水。特に、逢坂(おうさか)の関のほとりの川。
「あまたたび行きあふ坂の―に今はかぎりの影ぞ悲しき」〈千載・雑中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

防府市歴史用語集の解説

関水

 重源[ちょうげん]が佐波川を使って、木材を運び出すためにつくった水流調節の場所です。118ヶ所あったと言われますが、現在は徳地町に残るだけです。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

関水の関連キーワード曽呂利 新左衛門(2代目)山口県山口市徳地船路石川 篤三郎佐波川関水徳地〈町〉関東神宮関水金属Nゲージ関水結花関の清水山口市長府

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関水の関連情報