コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾丹集 そたんしゅう

2件 の用語解説(曾丹集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曾丹集
そたんしゅう

平安時代中期の歌人曾禰好忠 (そねのよしただ) の私家集。1冊。成立年未詳。独自の内容と構成をもち,「毎月集」「百首歌」「つらね歌」などから成る。「毎月集」は 360首の歌を四季,月,旬に分けて1日1首の歌日記の形をとり,「百首歌」は好忠が創始したといわれる連作形式で,四季,恋,沓冠,物名の歌から成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

そたんしゅう【曾丹集】

歌集。平安中期の異色歌人として知られ,丹後掾の卑官であったために〈曾丹〉と略称された曾禰好忠の家集。1巻。他撰。《曾禰好忠集》とも。平安末期までには成立か。歌数は流布本で計586首。内容は定数歌(あらかじめ一定の歌数を決めておいて詠歌するもの)の集成によって構成され,毎月集(和歌360首)368首,好忠百首102首,つらね歌13首,源順百首100首,後人の補遺3首。毎月集は1日1首の割で360首を配列し,それを四季,月,旬に区切り,季ごとに長歌と反歌をすえた新形式。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

曾丹集の関連キーワード今井邦子栗田土満段成式扶桑集増基永福門院内侍承香殿俊子藻璧門院少将源顕仲源兼忠(1)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone