曾丹集(読み)そたんしゅう

精選版 日本国語大辞典 「曾丹集」の意味・読み・例文・類語

そたんしゅうソタンシフ【曾丹集】

  1. 歌集。一巻。曾禰好忠(そねのよしただ)作。一一世紀初めの成立か。書名は好忠が丹後掾(たんごのじょう)であったところから。一年三六〇日に一首ずつあてた毎月集と呼ばれる三百六十首和歌、源順(みなもとのしたごう)とよみ交した百首歌など五八六首より成り、大部分連作あるいは定数歌であり、発想表現異彩を放つ。曾禰好忠集。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「曾丹集」の意味・わかりやすい解説

曾丹集 (そたんしゅう)

歌集。平安中期の異色歌人として知られ,丹後掾の卑官であったために〈曾丹〉と略称された曾禰好忠の家集。1巻。他撰。《曾禰好忠集》とも。平安末期までには成立か。歌数は流布本で計586首。内容は定数歌(あらかじめ一定の歌数を決めておいて詠歌するもの)の集成によって構成され,毎月集(和歌360首)368首,好忠百首102首,つらね歌13首,源順百首100首,後人の補遺3首。毎月集は1日1首の割で360首を配列し,それを四季,月,旬に区切り,季ごとに長歌と反歌をすえた新形式。全体として好忠の1年間にわたる不遇生活のわびしさが底流となる。好忠百首は好忠によって創出された百首歌の原形といえるもので,序のあと,春11首(流布本),夏,秋,冬,恋各10首,沓冠(くつかむり)歌31首,物名歌20首で構成され,独特な哀感を形成して以後の流行につながった。源順百首は順が応和したもの。つらね歌はしり取り式に詠み継ぐ連作で,好忠は人々に嘲笑された嘆きを言語遊戯のこの形式にうたい込めた。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「曾丹集」の意味・わかりやすい解説

曾丹集
そたんしゅう

平安時代中期の歌人曾禰好忠 (そねのよしただ) の私家集。1冊。成立年未詳。独自の内容と構成をもち,「毎月集」「百首歌」「つらね歌」などから成る。「毎月集」は 360首の歌を四季,月,旬に分けて1日1首の歌日記の形をとり,「百首歌」は好忠が創始したといわれる連作形式で,四季,恋,沓冠,物名の歌から成る。「つらね歌」は尻取歌で,身の不遇を訴える。素材,表現は自在,清新で,私家集のなかで特に注目される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android