コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾丹集 そたんしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曾丹集
そたんしゅう

平安時代中期の歌人曾禰好忠 (そねのよしただ) の私家集。1冊。成立年未詳。独自の内容と構成をもち,「毎月集」「百首歌」「つらね歌」などから成る。「毎月集」は 360首の歌を四季,月,旬に分けて1日1首の歌日記の形をとり,「百首歌」は好忠が創始したといわれる連作形式で,四季,恋,沓冠,物名の歌から成る。「つらね歌」は尻取歌で,身の不遇を訴える。素材,表現は自在,清新で,私家集のなかで特に注目される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そたんしゅう【曾丹集】

歌集。平安中期の異色歌人として知られ,丹後掾の卑官であったために〈曾丹〉と略称された曾禰好忠の家集。1巻。他撰。《曾禰好忠集》とも。平安末期までには成立か。歌数は流布本で計586首。内容は定数歌(あらかじめ一定の歌数を決めておいて詠歌するもの)の集成によって構成され,毎月集(和歌360首)368首,好忠百首102首,つらね歌13首,源順百首100首,後人の補遺3首。毎月集は1日1首の割で360首を配列し,それを四季,月,旬に区切り,季ごとに長歌と反歌をすえた新形式。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone