関の藤川(読み)セキノフジカワ

デジタル大辞泉の解説

せき‐の‐ふじかわ〔‐ふぢかは〕【関の藤川】

岐阜県不破郡関ヶ原町にある旧跡不破(ふわ)の関付近を流れる藤古川のこと。[歌枕]
「美濃国―絶えずして君につかへむ万代(よろづよ)までに」〈古今神遊びの歌〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せきのふじかわ【関の藤川】

岐阜県関ヶ原町の藤子川の古名。もと不破ふわ関の近くを流れていたのでいう。⦅歌枕⦆ 「みのの国-たえずして君につかへん万代よろずよまでに/古今 神遊びの歌

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android