コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤川 ふじかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤川
ふじかわ

愛知県中部,岡崎市南部の旧村域。 1889年村制施行。 1955年岡崎市に編入。江戸時代,東海道宿場町として発達,いまもその面影を残し,旧東海道沿いのマツ並木が保存されている。宿場町の衰退後はがら紡業に転じたが,1965年頃には一部の特紡への転換を残して消滅した。プラスチック製品の製造,機械工場がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

藤川【ふじかわ】

愛知県岡崎市の地名。江戸時代には東海道の宿駅で,品川宿から数えて37番目。赤坂宿(現愛知県豊川市)まで2里9町,岡崎宿まで1里25町。東の市場(いちば)村とは町並みが連続し,江戸時代中期には同村を加宿とした。1843年には同村と合わせて家数302・人数1213,本陣・脇本陣各1,旅籠屋36。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじかわ【藤川】

東海道の品川宿から数えて37番目の宿駅。隣宿赤坂とは2里9町,岡崎とは1里25町の距離があったが,飯盛旅籠屋の多い両宿にはさまれて静かなたたずまいの小規模な宿駅であった。すでに戦国時代には東方の本宿が宿駅の機能を有していたが,1601年(慶長6)には代わって藤川が正式に宿駅となった。近世中期は市場村を加宿とした。1843年(天保14)の人口は加宿を合わせて1213人,宿内中心部に本陣・脇本陣1軒ずつ,旅籠屋が36軒あった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤川
ふじかわ

愛知県岡崎市の一地区。旧藤川町藤川宿は旧東海道の宿場町で、1601年(慶長6)山中村の一部を移してつくった。岡崎宿まで約6キロメートル。1843年(天保14)の記録では加宿の市場村とあわせて旅籠(はたご)36、茶店48、飯盛(めしもり)女30とあり、本陣、脇(わき)本陣もあった。脇本陣跡には藤川宿資料館がつくられている。芭蕉(ばしょう)句碑、松並木などを残している。国道1号が通じ、名古屋鉄道本線藤川駅がある。[伊藤郷平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

藤川の関連キーワードOKINAWAN BOYS オキナワの少年鹿児島県薩摩川内市東郷町藤川宇宙鉄人キョーダイン片岡仁左衛門(3代)片岡仁左衛門(4世)片岡仁左衛門(5代)愛知県岡崎市藤川町山下又四郎(初代)佐野川花妻(初代)芳沢崎之助(4代)三桝大五郎(2代)藤川八蔵(3代)中村歌七(2代)藤川八蔵(2代)藤川八蔵(初代)藤川八蔵(4代)藤川友吉(4代)嵐七五郎(初代)三桝宇八(初代)藤川友吉(2代)

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤川の関連情報