コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関亭伝笑 かんてい でんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関亭伝笑 かんてい-でんしょう

?-? 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
陸奥(むつ)泉藩(福島県)藩士という。市場通笑,のち山東京伝にまなぶ。文化-文政(1804-30)のころにおおくの草双紙をかいた。姓は関。通称は平四郎。別号に月池山人,幽篁庵。作品に「怪談梅草紙(このはなぞうし)」「敵討寝物語」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関亭伝笑の関連キーワード陸奥戯作

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android