コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関保之助 せき やすのすけ

1件 の用語解説(関保之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関保之助 せき-やすのすけ

1868-1945 明治-昭和時代前期の有職(ゆうそく)故実研究家。
慶応4年4月10日生まれ。有職故実の資料,古武器の収集・研究家として知られた。明治28年帝室博物館にはいり,昭和8年東京帝室博物館学芸委員。母校東京美術学校(現東京芸大)や京都帝大でもおしえた。昭和20年5月25日死去。78歳。江戸出身。筆名は波爾和(はにわ)。号は花郷,加和羅廼舎(かわらのや),箙廼舎(えびらのや)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関保之助の関連キーワード原子爆弾投下戊辰戦争東京(都)ドイツ問題早竹虎吉(初代)明治長崎(市)日本科学史日本資本主義イギリス映画

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone