有職(読み)ウシキ

デジタル大辞泉の解説

う‐しき【有職】

僧職で、已講(いこう)内供(ないぐ)阿闍梨(あじゃり)の三つの総称僧綱(そうごう)に次ぐ地位とされる。有職三綱(さんごう)。有職正三綱。

ゆう‐しき〔イウ‐〕【有職】

ゆうそく(有職)

ゆう‐しょく〔イウ‐〕【有職】

職業をもっていること。有業。「有職の女性」
ゆうそく(有職)

ゆう‐そく〔イウ‐〕【有職/有識】

朝廷や公家の儀式・行事・官職などに関する知識。また、それに詳しい人。
学識のあること。また、その人。学者。
「いと―の物のかぎりなむなりかし」〈宇津保嵯峨院
諸芸にすぐれていること。また、その人。
「―のおぼえ高きその人」〈・若菜下〉
教養・才知・家柄・容貌などのすぐれていること。また、その人。
「およそ何事にも―に」〈大鏡・実頼〉
[補説]原義は2の意で「有識」と書いたが、1が生じて「有職」とも書くようになった。

ゆう‐そこ〔イウ‐〕【有職】

ゆうそく(有職)」に同じ。
「かのぬし―なれど」〈宇津保・菊の宴〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うしき【有職】

僧侶の職名。已講いこう・内供ないぐ・阿闍梨あじやりの総称。有職の三綱さんごう

ゆうしょく【有職】

職についていること。 ⇔ 無職 「 -者」
ゆうそく(有職)」に同じ。
宮中に役職・任務をもつこと。 〔日葡〕

ゆうそこ【有職】

ゆうそく(有職)」に同じ。 「かのぬし-なれど/宇津保 菊の宴

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

う‐しき【有職】

〘名〙 僧の職名。已講(いこう)、内供(ないぐ)、阿闍梨(あじゃり)の総称で、僧綱(そうごう)に次ぐといわれる。
※大鏡(12C前)五「御さきに、有職、僧綱どものやんごとなき候」

ゆう‐しき イウ‥【有職】

ゆう‐しょく イウ‥【有職】

〘名〙
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「さるは、いみじきいうしょくなり」
② 天台・真言宗の僧職。已講(いこう)・内供(ないぐ)・阿闍梨(あじゃり)をいう。うしき。
※塵添壒嚢抄(1532)一四「已講 内供阿闍梨〈是謂有識(ユウショク)也〉」
宮中役職任務をもつこと。現代では、ひろく職業に就いていること。〔日葡辞書(1603‐04)〕

ゆう‐そこ イウ‥【有職】

※宇津保(970‐999頃)菊の宴「かのぬしいうそこなれど、この道になれば、かくこそはあれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有職の関連情報