有職(読み)ユウソク

デジタル大辞泉「有職」の解説

ゆう‐そく〔イウ‐〕【有職/有識】

朝廷や公家の儀式・行事・官職などに関する知識。また、それに詳しい人。
学識のあること。また、その人。学者。
「いと―の物のかぎりなむなりかし」〈宇津保嵯峨院
諸芸にすぐれていること。また、その人。
「―のおぼえ高きその人」〈・若菜下〉
教養・才知・家柄・容貌などのすぐれていること。また、その人。
「およそ何事にも―に」〈大鏡・実頼〉
[補説]原義は2の意で「有識」と書いたが、1が生じて「有職」とも書くようになった。

ゆう‐しょく〔イウ‐〕【有職】

職業をもっていること。有業。「有職の女性」
ゆうそく(有職)

う‐しき【有職】

僧職で、已講(いこう)内供(ないぐ)阿闍梨(あじゃり)の三つの総称僧綱(そうごう)に次ぐ地位とされる。有職三綱(さんごう)。有職正三綱。

ゆう‐そこ〔イウ‐〕【有職】

ゆうそく(有職)」に同じ。
「かのぬし―なれど」〈宇津保

ゆう‐しき〔イウ‐〕【有職】

ゆうそく(有職)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「有職」の解説

ゆう‐しょく イウ‥【有職】

〘名〙
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「さるは、いみじきいうしょくなり」
② 天台・真言宗の僧職。已講(いこう)・内供(ないぐ)・阿闍梨(あじゃり)をいう。うしき。
※塵添壒嚢抄(1532)一四「已講 内供奉 阿闍梨〈是謂有識(ユウショク)也〉」
③ 宮中に役職、任務をもつこと。現代では、ひろく職業に就いていること。〔日葡辞書(1603‐04)〕

う‐しき【有職】

〘名〙 僧の職名。已講(いこう)、内供(ないぐ)、阿闍梨(あじゃり)の総称で、僧綱(そうごう)に次ぐといわれる。
※大鏡(12C前)五「御さきに、有職、僧綱どものやんごとなき候」

ゆう‐そこ イウ‥【有職】

※宇津保(970‐999頃)菊の宴「かのぬしいうそこなれど、この道になれば、かくこそはあれ」

ゆう‐しき イウ‥【有職】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android