コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関信之介 せき しんのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関信之介 せき-しんのすけ

1853-1917 明治-大正時代の政治家。
嘉永(かえい)6年2月生まれ。代言人となり水戸弁護士組合会長をつとめる。自由民権を唱え,茨城県会議員などをへて明治25年衆議院議員(当選10回,政友会)。大正6年1月21日死去。65歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関信之介の関連キーワード大正時代政治家嘉永

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android