民権(読み)ミンケン

大辞林 第三版の解説

みんけん【民権】

人民が政治に参加する権利。 「自由-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みん‐けん【民権】

〘名〙 人民の身体、財産などを保持する権利。また、人民の政治に参与する権利。
泰西国法論(1868)〈津田真道訳〉二「居住の外国人に一切の民権を準許する典礼ありて其権全備す、之を帰化と称す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の民権の言及

【箕作麟祥】より

…70年翻訳御用掛に制度取調兼勤となり,以後その後半生をフランス民法典をはじめ西洋法律書の翻訳に従い,ボアソナードらとともに旧民法その他の起草に参画するなど,明治政府の法典編纂事業を根底から支えつづけた。民権・動産・不動産・未必条件・治罪法・憲法などの訳語を考案し,フランス法理論の基礎をなす自由・人権思想を理解し,〈国政転変ノ論〉の訳稿で人民の抵抗権・革命権を認めるなど,法学官僚としても異色の存在であった。この間,明六社に参加して啓蒙活動を行い,東京学士会院会員,元老院議官,司法次官,貴族院議員などを歴任した。…

※「民権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

民権の関連情報