代言人(読み)だいげんにん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

代言人
だいげんにん

明治前半期における弁護士の称。代言人の制は明治5 (1872) 年の司法職務定制 (太政官布告) によって初めて設けられた。次いで 1876年の代言人規則 (明治9年司法省布達甲1号) は本規則により司法卿から免許を得たものでなければ代言をなすことができないと定めた。さらに代言人規則は,80年に全面的に改正され,定式試験を経て司法卿の免許を得たものでなければ,代言を業とすることはできないと規定した。当時の代言人は民事についてだけ認められたのであって,刑事の代言人は 82年施行の治罪法で初めて認められた。代言人の制は明治 26年法律7号弁護士法の公布によって廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

代言人【だいげんにん】

弁護士の旧称。江戸時代の公事師(くじし)に代わるもので,1872年司法職務定制により民事についておかれたが,1882年治罪法施行により刑事代言人も設置。1876年代言人規則を制定。1893年(旧)弁護士法の施行により,弁護士に代わった。→三百代言
→関連項目大岡育造星亨

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

代言人
だいげんにん

江戸時代において、庶民の民事訴訟に介入して礼金をとる公事(くじ)師があり、弊害があったので幕府はこれを禁止した。1872年(明治5)8月にフランス法の影響の下に制定された司法職務定制は民事の代言人について規定した。代言人は形式的には弁護士の前身といえるが、当時の代言人は公事師の名残(なごり)を多分に有し、士族が代言人になるのは不名誉だと考えられた。しかし法律研究会を設けて正しい代言人の養成に努力した者もいる。1876年に代言人規則が制定されて、この規則によって免許を得た者以外は代言が許されなかった。代言人の社会的地位を向上させたのは、78年に司法省付属代言人になった星亨(とおる)である。82年施行の治罪法で刑事弁護人が正式に認められた。1893年弁護士法の制定とともに、代言人の制は廃止された。[石井良助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android