コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関兎毛 せき とも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関兎毛 せき-とも

1761-1828 江戸時代中期-後期の武士。
宝暦11年生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)右筆(ゆうひつ)。経史に通じ,藩の諸家系図を整理した。冗談めかした奇行で知られ,狂詩に撫道,狂歌に眼槻岡敷(めつき-おかしき)の号をもちいた。文政11年11月10日死去。68歳。名は盛匡(もりただ)。字(あざな)は子(士)幹。別号に斗学,木斎。著作に「木槿返し」「鍋の道行」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関兎毛の関連キーワード上田秋成宇田川榕菴シャルルボアシュパンベルグスパンベルグラモーの甥北尾派バーラージー・バージー・ラーオショアズールポンディシェリ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android