コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関兎毛 せき とも

1件 の用語解説(関兎毛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関兎毛 せき-とも

1761-1828 江戸時代中期-後期の武士。
宝暦11年生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)右筆(ゆうひつ)。経史に通じ,藩の諸家系図を整理した。冗談めかした奇行で知られ,狂詩に撫道,狂歌に眼槻岡敷(めつき-おかしき)の号をもちいた。文政11年11月10日死去。68歳。名は盛匡(もりただ)。字(あざな)は子(士)幹。別号に斗学,木斎。著作に「木槿返し」「鍋の道行」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関兎毛の関連キーワードシュパンベルグスパンベルグ酒井抱一酒井抱一酒井抱一酒井抱一紙パルプ工業抄紙機ツンベリースティロライト

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone