コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関山仙太夫 せきやま せんだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関山仙太夫 せきやま-せんだゆう

1784-1859 江戸時代後期の武士。
天明4年生まれ。信濃(しなの)(長野県)松代(まつしろ)藩士。碁才にすぐれ18歳で初段免許。のち12世本因坊丈和と対局し二子局で1目勝となる。また,松代に本因坊秀策をまねき,先(せん)で対局,7勝13敗であった。安政6年死去。76歳。初名は虎之助。号は竹林。著作に「囲碁方位初心階」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android