コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本因坊秀策 ほんいんぼうしゅうさく

3件 の用語解説(本因坊秀策の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本因坊秀策
ほんいんぼうしゅうさく

[生]文政12(1829).備後,因島
[没]文久2(1862)
囲碁高手。上手 (7段) で早世したが碁聖とうたわれた。幼名虎次郎,父方の姓は桑原,のちに母方の姓安田を名のり,栄斎また寛斎とも称した。 12世本因坊丈和の門に入り,嘉永1 (1848) 年,14世本因坊秀和の跡目となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本因坊秀策 ほんいんぼう-しゅうさく

1829-1862 江戸時代後期の囲碁棋士。
文政12年5月5日生まれ。天保(てんぽう)8年12世本因坊丈和(じょうわ)に入門。嘉永(かえい)元年6段にすすみ,14世本因坊秀和(しゆうわ)の跡目となる。御城碁では,13年間で19局全勝の記録をつくった。文久2年8月10日コレラのため急死。34歳。4世道策,丈和とならび,碁聖とよばれた。備後(びんご)(広島県)出身。姓は桑原。通称は虎次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

本因坊秀策

没年:文久2.8.10(1862.9.3)
生年:文政12.5.5(1829.6.6)
江戸末期の囲碁棋士,14世本因坊秀和跡目。備後国因島(因島市)出身。本姓桑原,幼名虎次郎。天保8(1837)年本因坊丈和門に入り,10年初段。弘化3(1846)年,幻庵因碩に定先で3連勝し名声を高めた。嘉永1(1848)年六段に進み,本因坊秀和の跡目となる。翌年から御城碁に出仕し,以後13年間に19局全勝を記録した。同6年から太田雄蔵との30番碁は有名。黒番を持って三隅の小目を占める布石「秀策流」は近代布石の碁礎となった。文久2(1862)年,流行病(コレラという)患者の看護に当たり,自らも感染して本因坊跡目のまま急逝。道策,丈和と並んで碁聖と呼ばれる。<参考文献>荒木直躬『本因坊秀策全集』(歴代名人囲碁大系),福井正明『秀麗秀策』(囲碁古典名局選集)

(谷口牧夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本因坊秀策の関連キーワード本因坊丈策本因坊秀栄本因坊秀甫本因坊秀和本因坊元丈本因坊策元本因坊秀悦本因坊秀元本因坊道的本因坊伯元

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本因坊秀策の関連情報