コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関根江山 せきね こうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関根江山 せきね-こうざん

?-? 江戸時代後期の書家。
天保(てんぽう)(1830-44)のころの人。江戸下谷にすみ書道を教授し,かたわら古今の名筆をあつめて刊行した。行書,草書を得意とし,和歌にもすぐれた。名は為宝(ためとみ)。字(あざな)は親卿。別号に趙斎,揮月堂。著作に「仮名類纂(るいさん)」「音韻仮字格(おんいんかなづかい)」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関根江山の関連キーワード書家天保

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android