名筆(読み)メイヒツ

大辞林 第三版の解説

めいひつ【名筆】

書画にすぐれていること。また、その人や作品。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めい‐ひつ【名筆】

〘名〙 書画または文章にすぐれていること。また、その人やその作品。
※異制庭訓往来(14C中)「花鳥草花之図〈略〉八幅一対瀟湘八景、尽是諸家名也」
※申楽談儀(1430)どっといふ位「名筆のさうにかき捨たるもの、にせは成べからず」 〔晉書‐楽広伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名筆の関連情報