関登久也(読み)せき とくや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関登久也 せき-とくや

1899-1957 大正-昭和時代の歌人。
明治32年3月28日生まれ。尾山篤二郎に師事。同郷の宮沢賢治と親交があり,賢治の親戚岩田ナホと結婚,養子にはいった。戦後賢治の研究誌「農民芸術」を刊行。昭和32年2月15日死去。57歳。岩手県出身。本名は岩田徳弥。歌集に「観菩提」,伝記に「宮沢賢治素描」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android