コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾山篤二郎 おやま とくじろう

5件 の用語解説(尾山篤二郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

尾山篤二郎

歌人・国文学者。石川県生。号は刈萱・秋人・無柯亭主人等。窪田空穂に私淑し影響を受け、また前田夕暮若山牧水らと自然主義の波をくぐった。のち西行の影響により文人的歌風を重んじる。歌集には『さすらひ』『明る妙』等。昭和38年(1963)歿、74才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾山篤二郎 おやま-とくじろう

1889-1963 大正-昭和時代の歌人,国文学者。
明治22年12月15日生まれ。42年上京,前田夕暮,若山牧水らを知る。大正2年歌集「さすらひ」を出版。6年松村英一と「短歌雑誌」の編集に参加。昭和13年「芸林」を創刊。古典研究にもすぐれ,歌集「とふのすがごも」「大伴家持の研究」などの業績により26年芸術院賞をうけた。昭和38年6月23日死去。73歳。石川県出身。金沢商業中退。
【格言など】降り昏(くら)む雪はこそとの音もなししんしんとして鳴れるわが耳(「雪客(さぎ)」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おやまとくじろう【尾山篤二郎】

1889‐1963(明治22‐昭和38)
歌人。号,無柯(むか)亭など。金沢市生れ。早く窪田空穂(うつぼ)に私淑。上京後《新声》などの訪問記者となり,前田夕暮の《詩歌》,若山牧水の第2次《創作》などに関係した。1913年《さすらひ》を出して清新な抒情で好評を得,17年歌壇の総合誌《短歌雑誌》の編集を担当。歯に衣を着せない評論でも知られた。《明る妙(たえ)》(1915),《雪客(さぎ)》(1961)など11冊の歌集があり,文人気質を反映した平淡で闊達(かつたつ)な詠風を樹立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾山篤二郎
おやまとくじろう

[生]1889.12.15. 金沢
[没]1963.6.23. 横浜
歌人,国文学者。号,無柯亭 (むかてい) 主人。歌集『とふのすがごも』 (1946) や学位論文大伴家持の研究』 (上巻 48) などの業績により 1951年日本芸術院賞を受けた。書もよくした。ほかに歌集『明る妙 (たえ) 』 (15) ,『雪客 (さぎ) 』 (61) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾山篤二郎
おやまとくじろう
(1889―1963)

歌人、国文学者。金沢市生まれ。金沢商業を病のため中退。室生犀星(むろうさいせい)を知り、上京後は前田夕暮(ゆうぐれ)、若山牧水らと交わった。自然主義的な思潮を浴びた歌集『さすらひ』(1913)から、平明自在で、闊達(かったつ)なうちに、濃(こま)やかな哀愁を残す『とふのすがごも』(1946)、『雪客(さぎ)』(1961)に至る12冊の歌集がある。歌誌『自然』『箜篌(くご)』『芸林』を主宰。『短歌五十講』などの歌論書も多い。研究書『西行(さいぎょう)法師評伝』(1934)、学位論文となった『大伴家持(やかもち)の研究』(上巻1948、完本1956)、歌集『とふのすがごも』などの業績により1951年(昭和26)芸術院賞を受賞した。[武川忠一]
 箸(はし)おきてひとり酌するこの夕べいのちを洗ふ
 ごとくすずしき
『『尾山篤二郎全歌集』(1982・短歌新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尾山篤二郎の関連キーワード生田蝶介松村英一伊藤生更大坪草二郎岡山巌菊池知勇鈴木康文谷邦夫野上草男米倉久子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

尾山篤二郎の関連情報