コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾山篤二郎 おやま とくじろう

美術人名辞典の解説

尾山篤二郎

歌人・国文学者。石川県生。号は刈萱・秋人・無柯亭主人等。窪田空穂私淑し影響を受け、また前田夕暮若山牧水らと自然主義の波をくぐった。のち西行の影響により文人的歌風を重んじる。歌集には『さすらひ』『明る妙』等。昭和38年(1963)歿、74才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾山篤二郎 おやま-とくじろう

1889-1963 大正-昭和時代の歌人,国文学者。
明治22年12月15日生まれ。42年上京,前田夕暮,若山牧水らを知る。大正2年歌集「さすらひ」を出版。6年松村英一と「短歌雑誌」の編集に参加。昭和13年「芸林」を創刊。古典研究にもすぐれ,歌集「とふのすがごも」「大伴家持の研究」などの業績により26年芸術院賞をうけた。昭和38年6月23日死去。73歳。石川県出身。金沢商業中退。
【格言など】降り昏(くら)む雪はこそとの音もなししんしんとして鳴れるわが耳(「雪客(さぎ)」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おやまとくじろう【尾山篤二郎】

1889‐1963(明治22‐昭和38)
歌人。号,無柯(むか)亭など。金沢市生れ。早く窪田空穂(うつぼ)に私淑。上京後《新声》などの訪問記者となり,前田夕暮の《詩歌》,若山牧水の第2次《創作》などに関係した。1913年《さすらひ》を出して清新な抒情で好評を得,17年歌壇の総合誌《短歌雑誌》の編集を担当。歯に衣を着せない評論でも知られた。《明る妙(たえ)》(1915),《雪客(さぎ)》(1961)など11冊の歌集があり,文人気質を反映した平淡で闊達(かつたつ)な詠風を樹立。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾山篤二郎
おやまとくじろう

[生]1889.12.15. 金沢
[没]1963.6.23. 横浜
歌人,国文学者。号,無柯亭 (むかてい) 主人。歌集『とふのすがごも』 (1946) や学位論文『大伴家持の研究』 (上巻 48) などの業績により 1951年日本芸術院賞を受けた。書もよくした。ほかに歌集『明る妙 (たえ) 』 (15) ,『雪客 (さぎ) 』 (61) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾山篤二郎
おやまとくじろう
(1889―1963)

歌人、国文学者。金沢市生まれ。金沢商業を病のため中退。室生犀星(むろうさいせい)を知り、上京後は前田夕暮(ゆうぐれ)、若山牧水らと交わった。自然主義的な思潮を浴びた歌集『さすらひ』(1913)から、平明自在で、闊達(かったつ)なうちに、濃(こま)やかな哀愁を残す『とふのすがごも』(1946)、『雪客(さぎ)』(1961)に至る12冊の歌集がある。歌誌『自然』『箜篌(くご)』『芸林』を主宰。『短歌五十講』などの歌論書も多い。研究書『西行(さいぎょう)法師評伝』(1934)、学位論文となった『大伴家持(やかもち)の研究』(上巻1948、完本1956)、歌集『とふのすがごも』などの業績により1951年(昭和26)芸術院賞を受賞した。[武川忠一]
 箸(はし)おきてひとり酌するこの夕べいのちを洗ふ
 ごとくすずしき
『『尾山篤二郎全歌集』(1982・短歌新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

尾山篤二郎の関連キーワード12月15日尾山 篤二郎花田 世大関 登久也武川忠一関登久也

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android