コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関西空港 カンサイクウコウ

デジタル大辞泉の解説

かんさい‐くうこう〔クワンサイクウカウ〕【関西空港】

関西国際空港の通称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

関西空港

1994年に開業。人工島につくられた海上空港で、整備費がかさんで1兆円超の借金を抱えた。一方で、高い着陸料で国際線の路線が増えず、国内線では大阪(伊丹)空港と競合し、利用客が低迷した。12年に伊丹と経営統合し、新関西国際空港会社が誕生。格安航空会社(LCC)の誘致を進めた。15年冬期の運航計画では、国際線でLCC16社が25都市に就航。国際線全体の3割超がLCCだ。新関空会社の社員のほとんどは関西エアポートに移る。新関空会社は、借金返済などの業務をする会社として存続する。

(2015-12-16 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関西空港の関連キーワード関西インフライトケイタリング伊丹市と大阪(伊丹)空港大阪府海域美化安全協会大阪第1号の裁判員裁判ピーチ・アビエーション関西空港連絡橋の国有化ピーチアビエーション日本空港ビルデングファーストレーン関西国際空港会社関西3空港問題前年比、3割増ウランバートルベイ・シャトル特急ラピート南海電気鉄道関空2期工事泉佐野(市)自動化ゲート成田空港拡張

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関西空港の関連情報