関西空港

  • かんさいくうこう〔クワンサイクウカウ〕

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

1994年に開業人工島につくられた海上空港で、整備費がかさんで1兆円超の借金を抱えた。一方で、高い着陸料で国際線の路線が増えず、国内線では大阪(伊丹空港と競合し、利用客が低迷した。12年に伊丹と経営統合し、新関西国際空港会社誕生。格安航空会社(LCC)の誘致を進めた。15年冬期の運航計画では、国際線でLCC16社が25都市に就航。国際線全体の3割超がLCCだ。新関空会社の社員のほとんどは関西エアポートに移る。新関空会社は、借金返済などの業務をする会社として存続する。

(2015-12-16 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関西空港の関連情報