コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関谷四郎 せきや しろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関谷四郎 せきや-しろう

1907-1994 昭和-平成時代の鍛金(たんきん)家。
明治40年2月11日生まれ。昭和3年から河内宗明に師事。日本鍛金協会展,日展,日本伝統工芸展で活躍し,受賞をかさねる。鉄,銅,銀などの異なる板金ろうで溶接する接合(はぎあわせ)技法によって独自の作風をきずいた。52年人間国宝。平成6年12月3日死去。87歳。秋田県出身。作品に「赤銅接合皿」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関谷四郎の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門関谷 四郎玉川宣夫大角幸枝

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android