コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関連樹木 かんれんじゅもく relevance tree

1件 の用語解説(関連樹木の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関連樹木
かんれんじゅもく
relevance tree

システムの事前評価法の一つ。大規模で複雑なシステム計画を立てる場合,目的あるいは目標の体系を階層構造としてとらえ,それを幹から枝を出した樹木のような形に表現する。関連樹木を用いることによって,上位目的を達成するためのより具体的な下位目的,手段,要素が明らかになり,ひいてはシステム開発の手順,スケジュール,組織などの計画も体系化される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関連樹木の関連キーワードサブシステムシステム監査システム分析スケーラビリティ企業型VMSシステム工学ソーラーシステムシステム農学会オープン・システムシステム・アナリスト

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone