闘牛士(読み)トウギュウシ

デジタル大辞泉の解説

とうぎゅう‐し〔トウギウ‐〕【闘牛士】

闘牛2で、牛とたたかう人。
[補説]書名別項。→闘牛士

とうぎゅうし【闘牛士】[書名]

《原題、〈フランス〉Les Bestiairesモンテルランによる小説。1926年刊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうぎゅうし【闘牛士】

闘牛で牛とたたかう人。スペインの闘牛では主役をマタドール、銛もり打ちをバンデリレロ、騎乗の槍手やりてをピカドールという。マタドールはムレタと呼ばれる赤い布で牛を誘いこみながら巧みに身をかわし、最後に剣でとどめを刺す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とうぎゅう‐し トウギウ‥【闘牛士】

〘名〙 闘牛②の競技で、牛と闘う人。闘牛者。
※金(1926)〈宮嶋資夫〉一「店主、場立、手合取は慌ただしく然も闘牛士でもあるかのように」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の闘牛士の言及

【闘牛】より

…その後徒歩で長剣を武器に牛と格闘する競技になり,18世紀に短剣で闘うようになって現在の闘牛に近い形式になった。このころから闘牛は貴族の競技でなく,観衆の見守る中で専業の闘牛士が行うようになった。中南米諸国へは16世紀にスペイン人の植民とともに闘牛も伝えられた。…

※「闘牛士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

闘牛士の関連情報