闘牛士(読み)とうぎゅうし

精選版 日本国語大辞典「闘牛士」の解説

とうぎゅう‐し トウギウ‥【闘牛士】

〘名〙 闘牛②の競技で、牛と闘う人。闘牛者。
※金(1926)〈宮嶋資夫〉一「店主、場立、手合取は慌ただしく然も闘牛士でもあるかのように」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「闘牛士」の解説

とうぎゅうし【闘牛士】[書名]

原題、〈フランス〉Les Bestiairesモンテルランによる小説。1926年刊。

とうぎゅう‐し〔トウギウ‐〕【闘牛士】

闘牛2で、牛とたたかう人。
[補説]書名別項。→闘牛士

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の闘牛士の言及

【闘牛】より

…その後徒歩で長剣を武器に牛と格闘する競技になり,18世紀に短剣で闘うようになって現在の闘牛に近い形式になった。このころから闘牛は貴族の競技でなく,観衆の見守る中で専業の闘牛士が行うようになった。中南米諸国へは16世紀にスペイン人の植民とともに闘牛も伝えられた。…

※「闘牛士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android