コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

闘鶏台遺跡 とうけいだいいせきDou-ji-tai

1件 の用語解説(闘鶏台遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

闘鶏台遺跡
とうけいだいいせき
Dou-ji-tai

中国陝西省宝鶏県の南東 7.5kmの闘鶏台付近にある遺跡。清の光緒 27 (1901) 年,闘鶏台の渭水にのぞむ台地上からへん禁 (へんきん) と呼ばれる殷末,周初の銅器が発見された。また 1934~37年に国立北平研究院によって,陳宝祠後,戴家溝東,戴家溝西の3地点が調査され,戴家溝東区で新石器時代の竪穴のほか,周および漢の墓葬 104基が発掘された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

闘鶏台遺跡の関連キーワードオープンウオータースイミングOWSバイアスロン御土居南北(朝鮮)間の列車運行数値予報クロスカントリー飛行秦の始皇陵粟島北白川遺跡群

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone