コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渭水 イスイ

デジタル大辞泉の解説

い‐すい〔ヰ‐〕【渭水】

中国陝西(せんせい)省中央部を流れる川。甘粛(かんしゅく)省の渭源県に源を発して東流し、潼関(どうかん)の東方で黄河に合流する。長さ787キロ。流域の渭水盆地は中国古代文明の中心の一つで、・漢以来は「関中」とよばれ、歴代王朝の都となった長安西安)がある。渭河渭川ウェイショイ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

渭水【いすい】

中国,黄河最大の支流。渭河とも。甘粛省南東部,鳥鼠山に発し,東流して陝西省に入り,西安の北を経て潼関付近で黄河と合流,全長約787km。おもな支流に葫蘆河(ころが),【けい】河(けいが),洛河(らくが)など。
→関連項目黄河秦嶺陝西[省]長安潼関平涼

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いすい【渭水 Wèi shuǐ】

中国,陝西省中部の黄河最大の支流。渭河(いが)ともいう。甘粛省南部の鳥鼠(ちようそ)山から発し,東流して陝西省宝鶏に入り,西安,臨潼などをへて潼関県で黄河と合流する。葫蘆(ころ)河,涇(けい)河,洛河など支流も多い。全長787km,北の黄土高原と南の秦嶺の間の陥没地帯に沖積平野の関中平野すなわち渭水盆地を形成する。この地域には周の鎬京(こうけい),秦の咸陽,唐の長安などが開かれ,早くから渭水水系を利用した灌漑渠道が開削されてきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いすい【渭水】

中国、陝西せんせい省を東流する黄河の大支流。甘粛かんしゆく省南東部に源を発する。長さ870キロメートル。西安を中心とする渭水盆地は周代から唐代まで政治・文化の中心であった。渭河。渭川いせん。ウェイシュイ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渭水
いすい

ウェイ(渭)河」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渭水
いすい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

渭水の関連キーワード八十島叉橋陝西[省]福田渭水宇文愷太公望阿房宮蒋渭水鄭国涇水犬戎寿陵涇渭延安文王洛陽洛水

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android