コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阪本清俊 さかもと きよとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阪本清俊 さかもと-きよとし

1864-1949 明治-昭和時代の社会運動家。
元治(げんじ)元年7月1日生まれ。明治法律学校(現明大)卒業後,郷里の奈良県掖上(わきがみ)村(御所(ごせ)市)柏原北方(きたほ)区長などをつとめる。融和事業にとりくみ,明治45年大和同志会の結成に参加して副会長となる。大正4年南葛城(みなみかつらぎ)郡会議員。昭和24年12月29日死去。86歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

阪本清俊の関連キーワード阪本清一郎昭和時代元治

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android