明治大学(読み)めいじだいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明治大学
めいじだいがく

私立大学。 1881年司法省明法寮出身の法曹家岸本辰雄らにより,フランス法の教育を目的に創立された明治法律学校前身。 1903年専門学校として認可され,現校名に改称。 1920年大学令による大学を経て,1949年明治女子専門学校,東京明治工業専門学校および明治農業専門学校などを統合して新制大学移行法学部商学部,政治経済学部,文学部理工学部,農学部,経営学部,情報コミュニケーション学部,国際日本学部を置く。 1952年に大学院設置。本部所在地は東京都千代田区

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

めいじ‐だいがく〔メイヂ‐〕【明治大学】

東京都千代田区に本部のある私立大学。明治14年(1881)設立の明治法律学校に始まり、大正9年(1920)旧制大学となり、昭和24年(1949)工業・農業などの各専門学校を統合して新制大学へ移行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

明治大学【めいじだいがく】

東京都千代田区に本部を置く私立大学。1880年岸本辰雄,西園寺公望らが,自由民権運動高潮を背景に,フランス法学を中心とする近代法学の普及をめざして開設した明治法律学校を起源とする。1903年現名に改称,1920年大学令による大学となる。1949年同大学女専,東京明治工専(ともに1944年創立),明治農専(1946年)等を統合,新制大学となる。法,商,政治経済,文,農,経営,理工,情報コミュニケーション,国際日本の各学部(2012年4月現在)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

めいじだいがく【明治大学】

東京都千代田区神田駿河台に本部を置く私立大学。1880年12月,岸本辰雄,宮城浩蔵,矢代操ら新進法学士がフランス法学を中心とする近代法学の普及をめざして,東京有楽町の島原藩上屋敷跡に開設した明治法律学校を起源とする。自由民権運動の盛んな時代を背景に〈各自ノ権利・自由〉を基調にして〈公衆共同シテ法理ヲ拡張〉することを建学の目的とした。翌81年1月に開講,86年法律・行政の2学部を編成し,神田駿河台に移転した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

めいじだいがく【明治大学】

私立大学の一。1881年(明治14)明治法律学校として創立、1903年明治大学専門部として創立。20年(大正9)大学令による大学となる。49年(昭和24)予科・専門部・東京明治工専・明治農専などを合併し新制大学となる。本部は東京都千代田区。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明治大学
めいじだいがく

私立。1881年(明治14)、フランス留学から帰った岸本辰雄(1851―1912)、宮城浩蔵(1852―1893)、矢代操(1852―1891)の3人の近代法学のパイオニアによって開校された明治法律学校を起源とする。1903年(明治36)専門学校令により明治大学専門部と改称、1920年(大正9)大学令により明治大学となり、法学、商学の2学部および予科、のちに政治経済学部を置いた。1949年(昭和24)新制大学に移行、法学、商学、政治経済学、文学、工学、農学の6学部をもって再発足した。2010年(平成22)時点で、法学、商学、政治経済学、文学、理工学、農学、経営学、情報コミュニケーション学、国際日本学の9学部と、法学、商学、政治経済学、経営学、文学、理工学、農学、ガバナンス、グローバル・ビジネス、会計専門職、法務、情報コミュニケーション、教養デザインの大学院13研究科を置き、学生数3万人余を擁する日本有数の大規模な総合大学となっている。校歌「白雲なびく駿河台(するがだい)」のとおり、文科系の専門学部は東京都千代田区神田(かんだ)駿河台に集中しているが、一部の1・2年次は都内杉並区の和泉(いずみ)校舎、理工・農学部は川崎市の生田(いくた)校舎に分かれている。創設以来の伝統をもつ法学部と商学部を中心として、私学で最初の経営学部(1953年設置)、充実した教授陣をもつ文学部など、多くの特徴をもつ。1980年に創立100周年を迎えた。なお、女子専門学校(1929年開設の明治大学女子部、のち明治女子専門学校)を前身とする明治大学短期大学(法律科、経済科)は2004年度から学生の募集を停止している。所在地は東京都千代田区神田駿河台1-1(駿河台校舎)ほか。[喜多村和之]
『明治大学編・刊『明治大学百年史 史料編・通史』全4巻(1986~1994)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の大学ブランド商品の解説

明治大学

[私立、東京都千代田区]
[設置者]学校法人 明治大学
[創立者](明治法律学校)岸本辰雄、宮城浩蔵、矢代操
[沿革・歴史]1881(明治14)年1月、岸本辰雄・宮城浩蔵・矢代操が明治法律学校を開校。1903(明治36)年8月、明治大学と改称。
[キャンパス]駿河台キャンパス(千代田区)/和泉キャンパス(杉並区)/生田キャンパス(神奈川県川崎市多摩区)
[マーク類]2001(平成13)年の創立120周年に向け、大学マークを公募し作成された。明治大学の「M」がモチーフ。2002(平成14)年8月、商標登録済(第4599337号)。
[ブランド一覧]
宇崎竜童・阿木燿子ホームカミングデー出演記念限定Tシャツ | おゝ明治 | お茶の水JAZZ祭×明大グッズキャンパストートバッグ | 競争部グッズ | 硬式野球部グッズ | ゴルフボール | サッカー部グッズ | 白雲なびく | ハローキティグッズ | ボールマーカー | めいじろう | 明大ワッフル | ラグビー部グッズ | ラグビージャージ型ベビーウェア | ルービックキューブ 東京六大学野球 | 明治大学オフィシャルグッズ(衣料品) | 明治大学オフィシャルグッズ(革製品) | 明治大学オフィシャルグッズ(雑貨) | 明治大学オフィシャルグッズ(文房具)
(注)記載内容は事典編集当時(2010年2月)のものです。内容・価格等はその後に変更になった場合もあります。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の大学ブランド商品」事典 日本の大学ブランド商品について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めいじ‐だいがく メイヂ‥【明治大学】

東京都千代田区神田駿河台に本部のある私立の大学。前身は明治一四年(一八八一)創立の明治法律学校で、同三六年明治大学専門部となる。大正九年(一九二〇)旧制の大学となり、昭和二四年(一九四九)新制に移行。明大。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明治大学の関連情報