コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防石鉄道 ぼうせきてつどう

1件 の用語解説(防石鉄道の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

防石鉄道

 三田尻から佐波川沿いに津和野を経て、益田までをむすぶために造ろうとした鉄道で、1914年(大正3年)に石三軽便鉄道[せきさんけいびんてつどう]株式会社として創立しました。しかし、資材不足などで計画変更となり、2年後に防石鉄道と名前を変えました。三田尻から堀までは鉄道をしきましたが、山口線が先に開通したため、途中で計画を中止しました。 鉄道の営業は1964年(昭和39年)まで続きました。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防石鉄道の関連キーワード津和野町川沿い津和野御茶屋佐波川関水防府町三田尻宰判三田尻本陣三田尻高等女学校三田尻実業会

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

防石鉄道の関連情報