阻隔(読み)ソカク

デジタル大辞泉の解説

そ‐かく【阻隔】

[名](スル)じゃまをして、へだたりをつくること。また、へだたりができること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そかく【阻隔】

( 名 ) スル
じゃまをして、間をへだてること。へだてはばむこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そ‐かく【阻隔】

〘名〙 じゃまをして間をへだてること。
※篁園全集(1844)一・二月十一日、蕉園招飲、席上分賦十二体得七言古韻侵「詎料風塵多阻隔、十秋空誦采葛吟」
※性法略(1871)〈神田孝平訳〉八「但し一人にて専ら物件を消費せんと欲するときは、其物件を区別し他人の言行を隔するに非ざれば能はず」 〔謝霊運‐辨宗論・答王衛軍問〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android