コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿久津川高一郎 あくつがわ こういちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿久津川高一郎 あくつがわ-こういちろう

1897-1972 大正-昭和時代の力士,親方。
明治30年9月30日生まれ。錣山(しころやま)部屋に入門し,大正9年入幕,前頭筆頭が最高位。昭和4年引退し年寄佐渡ケ岳を襲名。国技研修会をひらき,相撲普及につとめ,また相撲体操を考案した。昭和47年10月20日死去。75歳。栃木県出身。本名は永井高一郎。著作に「相撲道教本」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

阿久津川高一郎の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android