小兵(読み)コヒョウ

大辞林 第三版の解説

こひょう【小兵】

体の小さいこと。また、その人。小柄。 ⇔ 大兵だいひよう 「 -力士」
弓を引く力の弱いこと。また、その人。 ⇔ 精兵せいびよう 「精兵の射る矢は裏をかく。-の射る矢は筈を返して立たざりけり/義経記 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐ひょう ‥ヒャウ【小兵】

〘名〙
① からだが小さいこと。また、その人。こがら。
※平家(13C前)一一「小といふぢゃう十二束三ぶせ、弓はつよし、浦ひびく程ながなりして」
② 弓を引く力が弱いこと。また、その人。
※義経記(室町中か)六「精兵(せいびゃう)の射る矢は裏を掻く。こひゃうの射る矢は筈を返して立たざりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小兵の関連情報